ちゃんと辞められる?高級クラブの辞め方

始める前に辞めることを考えてしまう人、いませんか?その気持ちはよくわかります。
ということで、高級クラブで働き出したあと、「辞めたい」と思ったときにどう動くべきかを説明していきましょう。
「辞めたい」と多くのホステスが思うタイミングにも触れるので、人生設計などの参考にもしてください。

高級クラブを辞める理由って?


高級クラブを辞めるタイミングは、人それぞれです。お店を変えるという人もいれば、ホステスそのものを引退する女性もいるでしょう。
では実際にどのようなタイミングでお店を去る人が多いのか、高級クラブを辞める主な理由を一つずつ説明していきます。

お店とのトラブルで

できれば楽しくお仕事したいと、誰もが思っているはずです。しかし、ときにはお店側とトラブルになってしまうケースもあります。

「お給料に関する不満が溜まってしまった」「お店側の対応が気に入らない」「ママやスタッフ、他のホステスとの関係が悪くなってしまった」など、そのお店にどうしてもいられなくなってしまう日が訪れるかもしれません。

このような人間関係などの悪化で、お店を辞めるホステスは非常に多いのです。

一方で、「嫌になったから」と言って、その時々の気分ですぐに辞めてしまうことはおすすめしません。
感情的な理由で簡単に辞めてしまうと、他の店舗やお仕事を選んだとしても同じことを繰り返す可能性が高くなってしまうからです。

ただし、お店とのトラブルで辞めること自体は恥ずかしいことではないと知っておくことはとても重要です。
精神的にツラくなる前に一旦辞め、再スタートを考えた方がいいケースが多いことも認識しておくといいでしょう。

結婚するから


結婚を機に高級クラブを辞める女性もいます。この場合は、ホステスというお仕事から引退するケースがほとんどでしょう。
本人は辞めたいと思っていなくても、結婚する相手が辞めてほしいと考えているため辞めざるを得ないというケースもあります。
結婚ではなく、恋人ができたという理由でお店やホステスのお仕事を辞める女性もいますね。

結婚や恋人ができて辞めるケースでは、別れたり関係が落ち着いた後に、再び復帰することも珍しくありません。
やはりホステスはお金が稼げますから、再び働くという時に高級クラブへ戻る女性が多いのも当然なのかもしれませんね。

転職するから

お仕事を変えるために、高級クラブを辞めるホステスもいます。
ホステスを辞めるときには、そのほとんどが昼職への転職です。一部風俗など別の夜のお仕事へ移る人もいます。

しかし、よほど売れないホステスではない限りは高級クラブの方が稼ぎがいいので、ホステスを辞めて他のナイトワークへ転職するケースはそこまで多くはありません。

ホステスというお仕事が嫌になったり稼げないというよりは、昼間のお仕事に戻りたいという理由が多いでしょう。
高級クラブで働くとどうしても夜型の生活になってしまいます。それによって体調を崩す女性も少なくないのです。

もちろん、他にやりたいことが見つかったからホステスを辞めるという女性もいます。高級クラブで貯めたお金で事業を始めるという女性もたくさんいますね。
ホステスを辞める理由の中でも、転職はかなりの割合を占めているのです。

身体的な問題で


ナイトワークで体調を崩してしまう女性がいるという話をしましたが、それを理由に辞める女性も多いですね。
お店とのトラブルや人間関係などで体調を崩し、結局高級クラブを辞めてしまう女性も少なくありません。

ホステスは、常に周囲に気を遣うお仕事です。キャバクラ嬢のような自由な接客は基本できませんし、中には自分を偽ってホステスを演じながらお仕事をしている人もいます。

時間帯や人間関係などの問題ではなく、単にホステスのお仕事を継続するだけの気力がなく体を壊し、高級クラブを去る女性もいるのです。

体調やメンタルの管理などをすることで避けられるかもしれませんが、もしこのような状況に陥ってしまったら、一旦辞めた方がいいかもしれませんね。

高級クラブを辞めるには事前に報告が必要


高級クラブを辞める理由として多いものをいくつかご紹介しました。
このように、実際にホステスとして働き出すと、いつどのような理由で辞めることになるかはわかりません。

ですがどのような場合でも、高級クラブを辞めるときには事前にお店側に報告する必要があります。
これは、お世話になったお店に迷惑をかけないためです。
円満に辞めるためには、最低でも1ヶ月前には報告をしておきましょう。
その前に相談しておくと、よりスムーズに話し合いを進めることができます。
相談さえしておけば辞めるタイミングで揉めることもないので、無用なトラブルを避けて辞めることができますよ。

どうしても高級クラブを辞められない場合


辞めたいと思っていても、それを事前に相談・報告しても、お店側が辞めることを許してくれないケースもあります。
そのような時の対処法をいくつかご紹介しましょう。

飛ぶことは珍しくない

夜の世界では、ホステスなどが「飛ぶ」ことも頻繁に起こります。

「飛ぶ」というのは、ホステスが、勤める高級クラブに無断で辞めてしまうことを指す言葉です。「辞めます」という連絡もせずに辞め、二度と出勤しなくなることを、飛ぶと表現するのです。

珍しくはないとはいっても、できれば避けましょう。働いてみたらとんでもないブラックなお店で、身の危険すら感じるようであれば飛ぶのも仕方がありません。
しかし、そうではない以外は事前に辞めることを相談や報告し、円満に辞めることを目指すべきです。

退職代行を利用する

辞めたいという気持ちを伝えても、簡単に辞めさせてくれないお店もあります。人手が足りずホステスに辞められては困るお店もあるでしょう。あるいは、お店の売上に大きく貢献しているような人気ホステスの場合には、お店側は何としてでも引き留めたいと思うはず。

理由は様々ですが、もしお店が辞めさせてくれないようであれば、「退職代行」というサービスを使うことも検討する価値が出てきます。

退職代行サービスとは、その名の通り、自分の代わりに退職のために動いてくれるサービスのこと。
具体的には、お店に退職したい意思を伝えてくれたり、未払いのお給料を請求してくれたりなど、ホステスが自分で行うのが難しいことを代わりに行ってくれるのです。

泥沼のトラブルに発展してしまうよりは、多少費用がかかっても、退職代行を利用した方がいいケースもあるでしょう。
円満になるかどうかは別として、女性側はお店側とのトラブルを避けながら辞めることができるはずです。

まとめ

・お店とのトラブルや人間関係が原因で高級クラブを辞めるホステスは結構います
・結婚を機にホステスから引退する女性も少なくありません
・昼職への転職や自分で事業を始めるために高級クラブを辞める女性は非常に多いです
・体調を崩してしまい、やむなくホステスを辞める女性もいるでしょう
・もし高級クラブを辞めるのであれば、最低でも1ヶ月前にはお店側に相談・報告をしてください
・辞めさせてもらえない場合、無断で辞めて「飛ぶ」ことも夜の世界では珍しくありません
・退職代行サービスを利用し、自分の代わりにお店に退職に関する報告や手続きをしてもらう方法もあります